仙台 フォトグラファー 建築写真家

"MORI NO TERRARCE/NIWA-NO-TOMARI" NATURE PHOTOGRAPH

KITAAKITA - AKITA

夏の北秋田へ

暑さが身に沁みるようになった東北の夏。秋田県の北部、北秋田市に向かいました。目的はSTILL WORK。今回のクライアントは東京の制作会社さん。北秋田市で展開する複数のホテルや施設と、移住支援関連の施設を巡る2泊3日の旅。仙台から北秋田市までは東北道を北上し、車でおよそ3.5時間ほどかかります。前日別な撮影があったため、当日の日も出ない早朝に出るよりは前泊することを選択しましたが、夜に別の撮影を終えてから3.5時間車で移動することは貴重な体験でした。

訪れたのは北秋田市にある施設「森のテラス」。そして宿泊施設である「庭のとまり」。なんとか晴れたものの、前日の雨が暑さで蒸発していくサウナのような天候。それでも時折吹く風が気持ちいいのはやっぱり東北ならではの気候です。この二つの施設は同じ会社さんが運営しているとのこと。代表は作庭家の方で東京の水道橋駅近くにある「庭のホテル」の作庭も手がけた方だと教えて頂きました。

今回は風景の他、ポートレート撮影もあったためカメラはEOS 1DX markⅡで機動性を。この場所は16-35と50mm f1.2の2本のレンズだけで撮影しました。

仙台 フォトグラファー 建築写真家
仙台 フォトグラファー 建築写真家
仙台 フォトグラファー 建築写真家
仙台 フォトグラファー 建築写真家
仙台 フォトグラファー 建築写真家

風、水、静寂、生きている空気

初めて訪れた夏の北秋田は蝉の声と森とに包まれたとても静かな場所でした。カメラを片手に歩いていると水の音が聞こえ、鳥の声が聞こえてきます。風が吹くと草花のサワサワとした音すら聞こえてくる。

そういう自然の中に身を置くと、なぜかそれが我々曖昧な人間にとってとても大事なのだと細胞が実感します。風を感じなさい、水を求めなさい、静寂を大切にしなさい、あなたが生きている意味を全身で味わいなさいと、細胞事態が自分に語りかけてくるのかもしれません。

この写真達を改めて眺めていると、あのジリジリジメジメした数日の記憶、山々が包んでくれるような感覚、突き放されるような感覚、またおいでと慰めてくれる感覚。東北の優しさと厳しさの合間に身を置いた時間が蘇ってきます。

まだまだ我々が住む東北は未知な場所がたくさんありますね。来たるべき時に使うべきカメラで行くべき場所を訪れたことの幸運。芯があり、おもてなし上手で世話焼でキュートな秋田の方々がまた大好きになりました。今でも目を閉じるとこの風景と草花の匂いを思い出します。今回も得難い仕事をありがとうございます。

MORI-NO-TERRACE/NIWA-NO-TOMARI

22 Katsurase Naradai, Kitaakita City, Akita Prefecture

WEB

PHOTO:KYOSUKE YAMAUCHI

KYOSUKE
YAMAUCHI

photographer
movie creator
designer
writer

photographer / movie creator / designer / writer

1975年、宮城県生まれ。大学卒業後、都内にて様々なジャンルのアシスタントを経て、25歳でphotographerとして独立。モデル・建築写真・食品・アパレル・物撮り・車に至るまでオールジャンルの撮影ができるのが特徴。現在、仙台にスタジオを構え広告・エディトリアル・MOVIE撮影と編集を手掛ける。

web design・graphic design・copy writingにも精通。designer・writerとしても数々の企業のプロモーションを手がけている。photographerとdesigner双方の視点からの制作が得意。写真・動画・web・graphicなどクライアントのクリエイティブ周りをすべて担当するスタイルで主に東北を中心に活動している。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.